インスタグラム

BLOG

ブログ

歯の矯正は元に戻る?その理由と後戻りを防ぐ方法を解説

出っ歯や乱ぐい歯といった歯並びは、矯正治療でなければ改善が難しいです。
自力で治そうとすると、かえって歯並びが悪くなったり、歯にダメージが及んだりするため、必ず専門家の治療に任せるようにしましょう。ただ、歯の矯正は後戻りするという話も耳にすることから、なかなか一歩踏み出せないという方もいらっしゃることでしょう。

ここではそんな歯の矯正で歯並びが元に戻る理由と後戻りを防ぐ方法について、詳しく解説をします。

矯正した歯並びが戻る?

歯列矯正は、歯を人為的に動かして、悪い歯並びを根本から改善する治療法なのに、そもそもなぜ元に戻るのか?
そんな疑問を持たれている方は少なくないはずです。けれども、歯を動かす処置(動的治療)を終了した後に何もせず放置していると、ほぼ確実に後戻りが生じます。それは移動した歯の位置がまだ固定されていないからです。
具体的には、歯根の周りに分布している歯周靭帯(ししゅうじんたい)という組織が元の位置へ戻そうと作用します。一見すると歯がきれいに動いたように見えても、歯周靭帯はまだ元の位置に適した状態となっているため、歯が後戻りする力が働きます。
そうした歯の後戻りは、ワイヤー矯正やマウスピース型矯正など、治療法の種類に関わらず起こるものなので、歯並びの治療を受けたすべての方が注意すべきトラブルといえるでしょう。

後戻りする3つの原因

歯の矯正で後戻りする原因としては、以下の3つが挙げられます。

原因1:保定処置を怠る

マルチブラケット装置やマウスピース型矯正装置で歯を動かした後の「保定処置(ほていしょち)」を怠ると、歯の後戻りが生じます。
保定処置とは、リテーナーと呼ばれる専用の装置を装着して歯の位置を固定する方法です。下の前歯には、固定式のリテーナーを使うことが多いのですが、上は着脱式のリテーナーとなるため、患者様が自発的に使用する必要性が出てきます。「歯並びがきれいになったからリテーナーはもういい」という自己判断で保定処置をやめてしまうと、ほぼ確実に歯の後戻りが生じますので十分にご注意ください。

原因2:口腔習癖・態癖

子どもの場合は、指しゃぶりや舌を前に突き出す癖、爪を噛む癖などにご注意ください。これらは歯並びを悪くする原因となるだけでなく、歯列矯正後の後戻りも生じさせます。
大人の場合は、口呼吸や片側だけで噛む癖などに注意しましょう。また、頬杖をつく癖、うつ伏せ寝、横向き寝といった態癖(たいへき)も歯列に大きな圧力が加わることから、後戻りの原因となり得ます。

原因3:噛む力による影響

噛む力が極端に強かったり、歯ぎしりや食いしばりをする癖があったりすると、後戻りが助長されます。歯列に対して過剰な負荷がかかることから、歯並びが乱れていってしまうのです。矯正後は特に前歯にそうした影響が及びやすいといえます。

後戻りしないようにするには?

歯の矯正の後戻りを防止するためには、以下の4つの方法が有効です。

方法1:リテーナーを装着する

歯を動かす動的治療が終わったら、必ず保定処置までやり遂げましょう。
着脱式のリテーナーは、歯科医師の指示通りに毎日、装着することが大切です。リテーナーの装着時間や取り扱い方法を守らないと、歯の後戻りのリスクが高まります。ちなみに、保定処置は歯を動かすのに要した期間と同程度、継続する必要があります。

方法2:口腔習癖・態癖の改善

指しゃぶりや口呼吸、頬杖をつく癖などがある場合は、可能な限り早期に改善するよう努めましょう。
自分だけで改善することが難しい場合は、主治医に相談すると良いです。歯科医師は、そうした口腔習癖・態癖の治療や改善する方法を提案することもできます。

方法3:後戻りしにくい治療計画を立てる

矯正後の後戻りは、治療計画によってそのリスクが大きく変わります。さまざまな症例を治した経験がある歯科医師ほど、後戻りしにくい治療計画を立てられるものです。そのため歯の矯正は、診療実績の豊富な歯科医師に任せた方が良いといえます。

方法4:後戻りへの早期対応

動的治療の後に「食べかすが歯に詰まるようになった」「前歯が前に出てきた」といった後戻りの症状を少しでも感じたら、すぐに主治医へ相談するようにしましょう。
仮に後戻りが起こったとしても、早期に対応することで容易に改善できます。後戻りが進行すると、もう一度、歯を動かす処置などが必要となりますので、その点は十分にお気を付けください。

まとめ

今回は、歯の矯正で後戻りする理由とそれを防ぐ方法について解説しました。
歯列矯正では、歯を動かした後しばらく元に戻る力が働きます。そこで必要となるのが保定処置です。保定処置を怠ったり、歯並びを悪くする習癖・習慣などがあったりすると、歯の後戻りが助長されるため注意しなければなりません。そんな矯正後の後戻りは、リテーナーをきちんと装着すること、悪習癖を改善すること、適切な治療計画を立てること、早期に対応することで予防しやすくなります。せっかく時間をかけてきれいな歯並びを手に入れたのですから、その状態を維持できるように頑張っていきましょう。

当院の矯正治療についてのページはこちら